小木津山自然公園とは

日本一古い地層 
- 5億年前のカンブリア紀の地層 -

    

 日立市は、太平洋に面し海沿いの狭い地域に発達した町で、その大部分は阿武隈山地の南部、多賀山地とも呼ばれる低い山地で占められています。 地質としては、日立変成岩類と呼ばれ、原岩の地質時代が不明なものが多く、日本列島基盤岩の構造区分の中でその所属が常に問題となってきたそうです。 これが、古生代の日本の地層の成り立ちがわかる大変貴重なものだということが最近わかりました。

 地質学の研究を続けてきた茨城大学理学部の田切美智雄教授は、2008年、日立変成岩の一部が約5億600万年前のカンブリア紀の地層であることを発表しました。 それまで日本最古とされてきたのは岐阜県のオルドビス紀(約4億9000万~4億4000万年前)の地層でしたが、この発見で、日本列島が出来上がってきたと言われるパンゲア大陸よりもさらに前のゴンドワナ超大陸時代からの日本列島の成り立ちがわかるのではと期待されています。 日本は地殻変動の激しいところなので、あまり太古の地層は残っていないのですが、日立のこの地層は、当時中国大陸の縁の海底にあったものらしいです。 これほど広範囲の古生代の地層は他にはなく、日本列島の始まりはこの地域だったのではないかと田切教授は推測しています。

 田切教授は2010年茨城大学を退官後、茨城大学名誉教授に就任するとともに日立市郷土博物館の特別専門員として、今も研究を続けています。田切特別専門員は2010年、さらに古い5億1100万年前の地層を常陸太田市で発見しました。この地層は日立市に続く一帯に広がっているもので、日立市の地層が最古ではなくなった、というわけではありません。

 日立市内でこの日本最古の地層が観察できるところは、小木津山自然公園と、小木津不動滝付近の東連津川流域です。

 小木津不動滝は、滝の高さ約12m、幅6mの堂々とした滝で、傍らには2基の不動明王の石仏があります。 不動尊をまつる祠堂があり、「修験妙楽院が奉仕するところ」と記録されています。 まわりには杉の大木が生い茂り夏なお涼しい所で、集落からさほど離れていないところとは思えない、神秘的な空間となっています。

                                             

(日立市地域ブランド推進協議会より抜粋)